学習効率を高める最も有効な方法とは?

学習効率を高める最も有効な方法とは?

誰にとっても時間は有限なので、学習に効率を求めることは極めて重要です。

ドラクエが好きな人なら、手っ取り早く経験値を回収するために、メタル系ばっかり狩ってた人も多いと思います(笑)

しかし現実世界にメタル系が存在するはずありませんよね。

では、どうすれば効率よく経験値を貯める、すなわち学習効率を高められるのでしょうか。

セレン式TOEICメゾッドHP

興味の強さが最優先

結論から言えば、学習の効率において「興味」に勝るものはありません。

朝に学習するのが良い、DHCを含む食品を食べるのが良いなど、学習を高めるための小手先のテクニックは書籍等で紹介されていますが、興味の強さの前では、ほぼ無意味です。

皆さんの中にも、興味のある分野はいくらでも覚えられる!という人も多いのではないでしょうか。

私も幼い頃は、数百匹はいるであろうポケモンの種類を全て覚えていました(笑)

なぜそんなことが可能なのかと言えば、それが好きで、興味があって、自分が心から知りたいと思っているからです。

一方で、今後一生使うことはなかろ古典や漢文の知識などは、いつまでも覚えることは出来ませんでした。

今でも、会社から無理矢理言い渡された業務知識とかは、覚えるに苦労しています(笑)

やはり学習においては、様々な研究調査も報告している通り興味や好奇心が全てなんですね。

好きに変える技術

学習効率において興味が全てというのであれば、興味のない分野については、なかなか覚えられないということになりますよね。

しかし、そうも言ってられません。

社会人であれば、時には無理矢理にでも頭に詰め込む必要があるでしょう。

そんな時におすすめな方法が「対象を好き、もしくは興味ある」と錯覚させることです。

例えば学生時代に学んだ数学知識、微分・積分を覚えていますか?

私はとても苦手で、当時から苦戦していましたが、実は私の大好きなスマホ、カメラ等のガジェットから最新ゲーム機器まで、微分・積分の理論は詰め込まれています。

英語であれば、身に付けた先には旅行や仕事で結果を出せたり、自分の望んだ将来がより詳細に描けるようになりますよね。

こんな感じで、苦手とは思いつつも、調べてみると実は自分の好きなものと関連していたり、努力した先を見据えることで、脳が興味があると錯覚し、学習効率もグッと高まるのです!

セレン式TOEICメゾッドHP
TOPページを見る