なぜ再現性が重要なのか?

なぜ再現性が重要なのか?

タレントの武井壮さんの言葉に、

「自分の体を、なぜ自分の考えた通りに動かせないのか」

というものがあります。

これの意味が伝わるでしょうか、これには再現性と深い関係があるのです!

本節では、何かを学ぶ上で必ず意識しなければならない「再現性」についてお話ししたいと思います。

セレン式TOEICメゾッドHP

アナタの体、思った通りに動かせますか?

ゴルフや野球のスイング、プロの選手を参考にしてもそれ通りに体を動かせる人は少ないと思います。

これはスポーツに限った話ではなく、英語学習においても重要です。

リスニングや長文読解は、参考書では「〜すればいいよ」という感じで書かれていますが、それ通りに実行できる人もまた少ないのです。

私も以前、ネイティブスピーカーから「もっと発音を意識して聞いてみるといいよ!」と貴重なアドバイスを受けたことがありますが、まぁ次元が違いすぎて参考になりません(笑)

つまり、どんなに優れた手法であっても再現性が無ければ意味を為さず、使い物にならないのです。

再現性が高いとは

再現性が高いとは、その通りにやれば同じレベルで「再現」できることを意味します。

1つの例として「歩く」を考えてみてください。

おそらく大半の方が「歩く」について説明された経験がないと思います。

なぜならそれは、できて当たり前の行動であり「右足を左足を体重移動を伴いながらこ交互に出す」みたいに文章で説明されることがありません。

しかし、同じような「当たり前現象」が参考書や各所の解説にもみられるのです。

この解説は〜のように書かれているけど、これってどうしてだろう?といったモヤモヤを抱えたことがあると思いますが、解説側から見れば、そこは理解できて当然なのです。

これだと、質問できる環境にでも無ければ、再現性が高いメソッドとは呼べませんよね。

セレン式TOEICメソッドの再現性について

どんな人でも、基礎から正しく学べば間違いなく成長できます。

ただ難点もありますよね。

分からないところがあれば質問し、納得してからまた次のレベルに進む、これが成長の基本だとわかってはいますが、中々この環境を揃えること自体が難しいのです。

これが再現性のハードルを高くしている要因だと思います。

一方でセレン式TOEICメソッドでは、再現性が高い学習メソッドに加えて、環境も整っています。

英語指導のスペシャリストに質問し放題なんて、スポーツで考えれば、プロ選手に弟子入りできるようなものです。

なぜ思った通りにできないのか、プロの指導があれば成長は約束されたも同然でしょう!

セレン式TOEICメゾッドHP
TOPページを見る